総量規制対象外のカードローンでお金を借りる時に覚えておくこと

総量規制対象外のカードローンでお金を借りるポイント

即日借りられる消費者金融一覧表
  当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込
楽天スーパーローン
1.9%~14.5% 800万円 申込

「※当社調べ」

 

 

総量規制対象外のカードローンでお金を借りるポイント

 

借入をするときによく話に上がる総量規制という言葉をご存知でしょうか。総量規制という仕組みがあるため、借入をしようとしても借入限度額が小さかったり、借入自体出来なかったりとデメリットと感じてしまう事も多いでしょう。

 

今回は総量規制対象外のカードローンを徹底的に解明します。総量規制対象外で即日融資が可能なカードローンもあるのか合わせて紹介しますので、総量規制に興味がある方はぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

総量規制とはそもそも何?

そもそも総量規制とは、貸付総額が年収の3分の1未満に収めなければならないと定めた法律を指します。総量規制によると年収が300万円の人は最大で100万円までしか借りることはできません。

 

これは借り過ぎによる自己破産が増えたことによる規制で、これによって多重債務者の減少を狙っています。

 

貸金業者を規制する貸し付け制限

総量規制は貸金業法の中に記載された規制です。

 

つまり、総量規制は貸金業者に課せられたであり、アコムやアイフルを始めとした大手消費者金融業者から、セントラルやフクホーなどの中小消費者金融、キャッシング機能をもつクレジット業者に至るまで規制した法律になっています。

 

銀行や信用金庫、労働金庫などは対象外

総量規制は貸金業法の規制であるため銀行法や信用金庫法で営業している銀行や信用金庫は対象外となっています。つまり総量規制を超えた借入も可能という事です。

 

ただし、近年は銀行カードローンによる過度な貸付が問題になっているので、貸金業者と同様に年収の3分の1程度に自主規制している銀行も多くなっています。借入は基本的に年収の3分の1以下に収めるようにした方が審査の通過率も上がるためおすすめです。

 

貸金業法に基づくおまとめローンや一本化ローンは総量規制対象外

総量規制は債務者保護の観点から作られた法律であるため、毎月の返済額が下がったり、利息がカットされたりするおまとめローンや一本化ローンと呼ばれる債務者の利益に資する貸し付けは総量規制の対象外とされています。

 

その他の総量規制対象外貸付

おまとめローンや一本化ローン以外の総量規制対象外貸付も存在します。以下に具体例を挙げておきますので参考にしてみて下さい。

 

総量規制の「除外貸付」
  • 不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券を担保とする貸付け
  • 不動産(個人顧客または担保提供者の居宅などを除く)を担保とする貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け

 

総量規制の「例外貸付」
  • 顧客に一方的に有利となる借換え
  • 借入残高を段階的に減少させるための借換え
  • 顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
  • 社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付け
  • 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
  • 個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
  • 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け(要件は、上記⑥と同様。)
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)

 

総量規制対象外の「おまとめローン」はアコムがおすすめ

総量規制対象外のおまとめローンはアコムがおすすめです。

 

アコムは最短60分でおまとめローンの融資が可能であり、おまとめした債務は全てアコムが代行して支払いをしてくれるため、支払い忘れという事もあり得ないため安心です。

 

アコムの「おまとめローン」は借換専用に作られたもの

アコムのおまとめローンは貸金業法に基づく借換ローンであり、借換専用に作られたものとなっています。

 

基本的に現在の借入より金利が下がり、返済負担も軽減される商品であるため、検討してみる価値はあるでしょう。

 

こんな人におすすめしたい

  • 複数社から借入がある人
  • 総量規制まで借入している人
  • 返済日が多く、返済管理が大変と感じている人
  • 返済負担が多く、毎月返済するのに苦心している人
  • 消費者金融からの借入が多い人

 

基本情報

申込要件 20歳以上で安定した収入と返済能力、その他アコムの基準を満たす者
対象借入 貸金業者からの借入のみ
金利 7.7%~18.0%
限度額 1万円~300万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短60分
返済代行 アコムが全債務を代行
来店の有無 原則来店による手続き

 

 

 

アイフルの「乗り換えMAX」も総量規制対象外ローン

アイフルもアコム同様、総量規制対象外のおまとめローンを提供しています。

 

アイフルには

  1. 「おまとめMAX」
  2. 「かりかえMAX」

という2つの商品があります。

 

おまとめMAXはアイフルを利用したことがある人限定ローンで、かりかえMAXは初めてアイフルを利用する人限定のローンです。商品内容について大きな違いはありません。

 

独立系なのでアコムとは審査基準が違う

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融ですが、アイフルはどの銀行とも繋がりが無く、完全独立した消費者金融となっています。つまり、審査基準が独自に設定されており、仮に他社の審査が落ちた場合でも融資が通る可能性が十分にあります。

 

またアコムとは違い、銀行ローンやクレジットのショッピング枠の借換も可能で、使い勝手の良い商品であるため、アイフルの申込も合わせて検討してみることをおすすめします。

 

こんな人におすすめしたい

  • 複数社から借入がある人
  • 総量規制まで借入している人
  • 返済日が多く、返済管理が大変と感じている人
  • 返済負担が多く、毎月返済するのに苦心している人
  • 銀行・消費者金融・クレジットのショッピング枠の利用が多い人

 

基本情報

申込要件 20歳以上で安定した収入と返済能力、その他アイフルの基準を満たす者
対象借入 貸金業者・銀行・信販・キャッシング債務
金利 12.0%~18.0%
限度額 1万円~300万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短60分
返済代行 アイフルが代行する場合もあり
来店の有無 来店または郵送

 

 

 

おまとめローンの注意点

おまとめローンはカードローンとは違うため、限度額の範囲内で借入・返済を行える商品ではありません。借入は一括での借入で、借入後は返済のみで追加借入はできませんので、注意が必要です。

 

また、おまとめローンで一本化するとカードローンの残高が無くなるので、カードローンを解約しない限り再度利用限度額満額までカードローンを利用することが可能になります。

 

おまとめローンで債務をまとめているだけで債務の総額は変わらないため、再度カードローンの利用をしてしまったら借金が膨らむ一方なので、おまとめした場合はカードローンの解約をしてしまうことをおすすめします。

 

借入までスピード審査!おすすめの銀行カードローンは

ここからはスピード審査を行ってくれるおすすめの銀行カードローンを紹介します。総量規制対象外で、かつ最速審査、最短融資をしてくれる銀行カードローンです。

 

三菱UFJ銀行バンクイック

三菱UFJ銀行が発行しているカードローン「バンクイック」は、銀行カードローンの中でも審査スピードが速いと定評があり、メガバンクという安心感もあるので特におすすめのカードローンとなっています。

 

在籍確認では三菱UFJ銀行であることを伏せて電話してくれるため、カードローンを申込んだことが会社にばれる心配も少ないです。もちろん銀行カードローンなので、消費者金融系カードローンより金利は低めに設定されています。

 

 

バンクイック
→ バンクイックの申込はこちら

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは上限金利が14.5%となっており、限度額が10万~50万であっても低金利でお金を借りることが出来るので、“限度額は必要ないがお金を借りるのに利息はあまり払いたくない”という方におすすめです。

 

消費者金融系カードローンであれば50万以下の利用限度額の場合、金利は18.0%での利用が多く、三井住友銀行カードローンは3.5%も低い金利で利用が可能です。毎月の返済は2,000円~と、返済負担が少ないのもおすすめのポイントと言えるでしょう。

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、上限金利が14.0%となっており、三井住友銀行カードローンより低金利の設定となっています。

 

ただし、みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の普通預金口座を持っている必要があるため、みずほ銀行が近くにない方は若干不便を感じてしまうかもしれません。

 

審査時間は銀行カードローンの中でも早く、最短で翌日融資にも対応可能となっているので、みずほ銀行がメインバンクという方は、まずみずほ銀行での申込をしてみてはいかがでしょうか。

 


→ みずほ銀行の申込はこちら

 

新生銀行

新生銀行カードローン「スマートカードローンプラス」を紹介します。利用限度額は1万~500万円、金利は4.5%~14.8%となっており、標準的な銀行カードローンとなっています。

 

来店不要でネット完結が可能であるため、銀行に行く時間がない!という方にはおすすめのカードローンと言えるでしょう。

 

ただし、消費者金融系である利息0キャンペーンが無かったり、新生銀行の口座が無ければ郵送での手続きが必要になったりと、場合によっては消費者金融系カードローンの方が良い条件である場合も多く、見極めて申込することをおすすめします。

 

新生銀行系ではレイクALSAがありますので、もし至急お金を借りたい場合はそちらに申し込みをすることをおすすめします。

 

イオン銀行

イオン銀行発行のカードローンは3.8%~13.8%という低金利での借入が可能です。また24時間365日手数料無料で借入が可能(イオンATMの場合)となっており、無駄なお金をかけたくない!という方には特におすすめと言えるでしょう。

 

インターネットバンキングを使えば、インターネット上でイオン銀行口座に振込も可能で、スマホだけでお金を借りることも可能です。

 

セブン銀行

セブン銀行カードローンは15.0%のみの金利設定で、限度額も10万円30万円50万円のいずれかの設定のみとなっています。セブン銀行の強みは全国のセブンイレブンにATMが設置されており、いつでもどこでも借入することが可能な点です。

 

手数料も平日9時から18時の間は無料なので、コンビニで買い物ついでのATMを利用ができるというのは他の銀行にはない手軽さと言えるでしょう。

 

ソニー銀行

最後にソニー銀行カードローンを紹介します。ソニー銀行カードローンは銀行の中でも珍しく最短60分審査、即日融資が可能なカードローンとなっています。金利も最大13.8%と他社と比較しても低金利となっています。

 

収入証明が限度額300万円未満の場合は原則不要であることが多く、借入限度額を多めに設定したいが収入証明書類がないという場合もおすすめのカードローンと言えます。

 

消費者金融系カードローンでは50万円を超える限度額の設定で必ず提出を求められます。

 

銀行カードローンは即日融資がほぼ不可能

銀行カードローンの即日融資は、ほぼ不可能なため、今すぐに借りたいという人にとっては不向きです。大体融資まで最短で2営業日~3営業日かかりますので、少額でもすぐに融資してほしい方はアコムなどの消費者金融へ申込することをおすすめします。

 

クレジットカードは総量規制対象外なのか?

クレジットカードのキャッシング機能は貸金業法の対象となるので、総量規制の対象になります。しかし、ショッピング機能は貸金には当たりませんので、総量規制の対象ではありません。

 

仮にショッピングをリボ払いにしたとしてもこれは貸金には当たらず、割賦販売となりますので、割賦販売法によって制限されます。よって貸金業法には当たりません。

 

どうしても今日中にお金が必要な場合は?

どうしても今日中にお金が必要な場合はどうすれば良いでしょうか。また、総量規制を超えて申込がもうできない場合などはどうすれば良いでしょう。

 

クレジットのキャッシング枠を確認

手元にクレジットカードがあれば、カードのキャッシング枠を照会してみましょう。

 

キャッシング枠がまだ残っていたら、今すぐにお金を借りることが可能です。

 

ただし、借入のし過ぎにより総量規制を超えている場合借入限度額が下がることもありますので注意が必要です。

 

審査なし!誰でも貸せます!の謳い文句に注意!闇金

審査なし!誰でも融資可能!激甘審査!などの文句を謳っている消費者金融は正規の金融業者ではない(闇金)の場合が多いです。

 

闇金は法外な金利を請求してきたり、執拗な取り立てを行ったりと、一度関わってしまうとそこから抜け出すのは至難です。甘い言葉でどうしようもないときは、すがる思いで申込したいと思う人も多いですが、絶対に闇金とは最初から関わらないようにしましょう。

 

まとめ

総量規制の対象となる貸付、ならない貸付が存在するのを理解していただけたかと思います。総量規制の対象外の貸付であっても債務が減るわけではないので、仮におまとめローンを組んだ後カードローンをさらに使ってしまうと、借金地獄から抜け出せなくなることを覚えておかなければなりません。

 

銀行カードローンであれば規制外貸付が理論上可能ではありますが、借入をする際にはきちんと計画的に行うことが何よりも大切です。