無職でもお金を借りる方法はあるのか?

無職でもお金を借りる方法はあるの?

 

失業したために無職になってしまった場合や、ニートの場合など、生活に余裕がなくなってカードローンで借入して生活費を賄っているという人も多いです。そんな時カードローンなどがあれば心強いものです。しかし無職の人が新規で審査を申込することは可能なのでしょうか?

 

ここでは、無職が審査に通るのか、無職でもお金を借りることが可能なのかを検証し紹介していきます。

 

 

無職の場合は審査に通るのか

無職の場合は原則審査に通ることはありません。それは審査の基準に合致しないために起こります。

 

審査の基準は「安定した収入があるか」

審査が通るための大前提は「安定した収入があること」です。

 

安定した収入とは毎月一定額の生活が出来る程度の収入が必ずあるという事で、給与所得者の場合はこの安定した収入を持っていると判断されます。

 

しかし無職の場合は、収入が無いためこの条件に合致しません。つまり審査には通りません。なお、失業保険に関しても収入であるとは言えないため、同様に審査には通りません。

 

返済能力の有無が最重要

収入が無ければ審査に通らないのはなぜかと言えば、返済能力の有無を重要視しているからです。返済能力は収入と返済の意思によって成り立っています。この二つが成り立つ時に初めて審査に通るのです。

 

収入があっても、返済に対して軽く考えているような場合(その結果信用情報が著しく悪化している場合)は審査に通りません。

 

保証人がいる場合は?

無職の場合基本借入は不可能ですが、就職内定者など働くことが確定している場合は借入可能なことがあります。追加で保証人をつけられれば、審査通過の条件としては十分に合致していると言えるでしょう。

 

不動産などの担保がある場合は?

仮に収入が少ない場合でも、所有不動産を担保にできる場合は保証人同様借入が可能な場合があります。多くの金融機関が不動産担保融資を取扱っており、不動産担保にしたフリーローンなども数多く存在します。

 

しかし、自宅などを担保に設定する場合、万が一返済が滞った時は自宅を回収される危険性があることをきちんと理解してから借入をするようにしましょう。

 

FXや投資で収入を得ている場合は?

FXや投資で収入を得ている場合は審査をしてもらえますが、個人事業主というくくりでの申告になりますので、確定申告している(一年以上それで生活が出来る状態である)ことが条件になります。

 

また、FXなどの場合はFX資金としてカードローンの申込をしていると考えられる可能性もあり、貸出にはリスクがありますので審査に通り難いと思っていた方が良いでしょう。基本的にFXや投資は「安定した収入」とは言えないと認識しておく必要があります。

 

学生の場合は?

学生の場合は審査に通過しやすくなります。またクレジットカードなども組みやすく、少額であればキャッシング機能を付帯することも可能です。

 

アルバイトをしていれば借入可能

学生でもアルバイトをしているなら安定した収入があると言えるので、借入が可能です。学生専用ローンや学生専用クレジットカードなども数多くあり、積極的に学生融資を行っている業者も多いです。

 

学生の場合はニートの方よりも比較的お金を借りやすいと思っていて良いでしょう。ただし借入額も収入に対して決定しますので、多額の借入をするのは難しいでしょう。

 

就職内定者も借入可能

就職が決まっている場合も借入が可能です。内定者の場合は消費者金融だけでなく銀行でも融資してくれる場合が多く、低金利で借りたいのなら一度銀行に相談してみることもおすすめします。

 

専業主婦(夫)の場合は?

専業主婦(夫)で仕事をしていない場合でも、世帯で収入があれば(配偶者に収入があれば)借入が可能です。専業主婦専用のローンと言うのも数多く存在しており、借入難易度は比較的低いと思っていていいでしょう。

 

年金受給者の場合は?

年金受給者の場合、借入は難しいでしょう。特に消費者金融でも年金受給者の場合融資を断るケースが多く、いくつかの銀行で年金受給者にカードローンを発行しているだけとなります。ただ、どうしても年金だけでは賄えない出費があった時にはどうすれば良いのでしょうか。

 

以下に年金を担保にした貸付制度を紹介します。

 

年金担保融資で借入可能

年金担保融資という制度が存在します。この制度を行っているのが日本政策金融公庫と、独立行政法人福祉医療機構(WAM)です。ただし政策公庫の場合は恩給や共済年金のみとなりますので、基本的には独立行政法人福祉医療機構(WAM)での借入になるでしょう。

 

独立行政法人福祉医療機構(WAM)の年金担保融資は1%台の超低金利で最大200万円まで借入が可能である反面、融資まで1ヶ月以上かかるので、今すぐに借りたいという場合には向かないです。

 

また、年金から天引きされて返済されるので、毎月の生活費が圧迫されるという事を把握しておく必要があります。

 

失業中の場合は?

先ほども説明しましたが、失業中の場合、基本的に借入はできません。当面は失業保険の範囲内で生活をしていく必要があります。就職先が決まり、内定者になった時に申込をするようにしましょう。

 

無職で審査の申込を繰り返してしまうと信用情報に傷がつきますので、気を付ける必要があります。どうしてもお金が必要になった場合は、以下の貸付制度を利用してみることをおすすめします。

 

基本的には無職になる前に手を打っておくべき

基本的には退職などで無職になる場合は、その前に何社かカードローンの申込をしておくことをおすすめします。退職して無職になってからではまず審査に通りません

 

仮に直近の源泉徴収があるからといって、まだ在籍をしているように申告したとしても、在籍確認の電話により虚偽申告は必ずばれます。虚偽申告をした時点で審査は否決になり、ブラックリストとして登録される可能性もあるため絶対にしないようにしましょう。

 

借入ができそう!おすすめの消費者金融は?

ニート 保証人 不動産 FX・投資 学生
× ×
アルバイト 内定者 主婦 年金 失業
× ×

 

借入が可能だった場合は、こちらでおすすめの消費者金融を紹介していますのでぜひお申し込みを検討してみて下さい。

 

 

生命保険契約者貸付制度

生命保険契約者貸付制度とは、解約返戻金の一部を保険会社から借入することが出来る制度の事です。

 

生命保険の満期金を担保に貸し出しをしてもらう制度であり、今までの積立金を解約する必要なく、当面の資金として借入が可能です。金利もだいたい2%~6%程度とカードローンより低く、保障も継続しますので、生命保険を積み立てている方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

 

総合支援資金

失業や減収などで生活困窮が広がっている中、セーフティーネットとして継続的な支援と共に生活費や一時的な資金の貸付を行う総合支援資金が創設されました。平成27年からは経済的に困窮している方の自立支援制度との連携も始まり、就労支援や家計指導などの生活の立て直しもサポートしてくれます。

 

総合生活資金は「生活福祉資金」制度の一部です。生活福祉資金は様々な低所得者向けサポートを行っていますので一度確認してみることをおすすめします。

 

 

以下の表を参考にしてください。

資金の種類

資金の目的

総合支援資金 生活支援費 生活再建までの間に必要な資金
住居入居費 敷金・礼金など賃貸契約の際に必要な資金
一時生活再建費 生活再建のため一時的に必要かつ日常生活でまかなうことが困難である資金(転職資金・債務整理資金など)
福祉資金 福祉費 生活を営むために必要な経費、病気療養のために必要な経費など
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生活の維持が困難な場合の資金
教育支援資金 教育支援資金 低所得者世帯の子どもが高校や高専、大学などに修学するための資金
就学支援資金 低所得者世帯の子どもが高校や高専、大学などに修学するための資金
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金 低所得の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金に貸し付ける制度
用保護世帯向け不動産担保型生活資金 要保護の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金に貸し付ける制度

 

まとめ

収入が無く生活に困窮している時こそカードローンを組めたらいいのにと思いますが、基本的に収入が無ければ金融機関での借入は不可能です。

 

理由があって働けない場合は、生活福祉資金や生命保険の貸付制度などがありますので、一時的な生活費として活用してください。生活困窮に陥った場合はお住まいの役所へ相談に行くと親身に相談にのってくれます。