収入証明書不要で借りられるカードローンは?条件や限度額も徹底解明

収入確認書類不要で借りられるカードローンは本当にある?

即日借りられる消費者金融一覧表
  当サイトおすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申込
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申込
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申込
アイフル
3.0%~18.0% 800万円 申込
楽天スーパーローン
1.9%~14.5% 800万円 申込

「※当社調べ」

 

 

収入確認書類不要で借りられるカードローンは本当にある?

 

収入証明書が不要で借りられるカードローンは存在するのでしょうか。結論から先に言いますと「存在します」。ただし、それにはいくつか条件があります。

 

今回は、収入確認書類の提出が不要でカードローンを借りるためにはどうすれば良いか、その条件などを、おすすめの消費者金融と合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

総量規制対象のため収入確認書類の提出を求められる

カードローンを組む際に提出を求められるのは、貸金業法の総量規制という制度があるためです。

 

総量規制とは、借入総額を年収の3分の1以下に収めなければならない規制のことを指しており、消費者金融や信販会社など、貸金業者に対する規制となっています。

 

融資を行う際に、この総量規制の範囲内で貸付を行う必要があるため、申込人の正確な年収を知る必要があり、提出を求めるのです。

 

収入確認書類を不要でカードローンを作るには

総量規制の範囲内での貸付をすることが前提ですが、収入確認書類の提出が不要でカードローンを組むことが可能です。収入確認書類の提出が不要でカードローンを組むには以下の条件をクリアする必要があります。

 

利用限度額は50万円以下に抑える

申込時の利用限度額を50万円以下にすると、原則の収入確認書類の提出が不要でカードローンを組むことが可能です。

 

収入確認書類は融資金額が大きくなった時、その借入金を返済できるだけの年収があるか確認するためのものですので、利用限度額50万円以下の“返済の負担が大きくない”と思われる範囲でしたら、提出する必要がないと考えられるのです。

 

他の貸金業者との借入総額が100万を超えない範囲で設定する

申込金額が50万円以下であっても収入確認書類の提出を求められることがあります。それは他の貸金業者を含めた借入総額が100万円を超える場合です。

 

仮に1つの融資が少額であっても、複数社から借りている場合は返済の負担が大きくなります。少額とはいえ、総量規制以上の貸付をしてしまう可能性もあるため、確認のための提出が必要となるのです。

 

他社借入や年収で虚偽申告をしない。

それでは、他社借入を過少申告したり、年収を多めに申告したりして、他の貸金業者を含めた借入総額を100万円以下に納めればいいのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、借入総額は申告以外にも確認する方法があり、虚偽の申告をしても必ずばれます。

 

もし虚偽申告が発覚したら、審査に落ちるのみならず、悪質であればブラックリストとして登録される可能性があります。ブラックリストとして登録された場合、5年近く新規での借入が出来なくなるので、絶対にやめましょう。

 

個人信用情報

他社借入がばれる理由は、貸金業者が登録している「個人信用情報登録機関」に照会をかけることで、借入に関する全ての情報が分かるためです。

 

個人信用情報には

  • 「借入額」
  • 「借入先」
  • 「延滞の有無」
  • 「本人の個人情報」
  • 「申込履歴」

などが登録されており、審査申込をすると正規の貸金業者であれば必ず照会をかけられ、信用情報の審査がされます。

 

多少の誤差であれば問題ありませんが、明らかに借入額より少ない申告をしている場合は「虚偽申告」もしくは「借入に対する意識が低い」と認識され、いずれにしても審査に落ちてしまいます。

 

収入確認書類が不要な理由

利用限度額が50万円以下で、他の貸金業者との借入総額が100万円以下の場合は収入確認書類の提出が不要と紹介しましたが、なぜ不要なのか理由を紹介します。

 

ローン会社は申込内容から年収を予測できる

一番大きな理由は「ローン会社は年収を予測できる」という点です。金融業者が所持している個人情報は膨大な数となっています。その情報を基に「年齢」「勤続年数」「勤務先」などから年収の中央値を割り出すことが可能です。

 

つまり、申告がその数字に近ければ、申告する必要がないという事です。実際大手消費者金融のアコムやアイフルは独自のスコアリングシステムを導入しており、申告内容を即点数化しています。

 

年収の他に、年齢や勤続年数も点数を左右する項目であり、年収が審査の全てを左右するわけではないというわけです。

 

初回の貸付金額は高金利で少額融資

もう一つの理由として、初回の貸付は、利用限度額が50万円以下と少ないだけでなく、金利も18.0%程度と高めに設定されていることが考えられます。

 

つまり、高金利少額融資であるため、貸付金額を回収できない不安も少なく、収入確認書類の提出を求めて確認する必要が少ないというわけです。

 

申込内容によっては提出を求められることもある

年収はある程度予測できると紹介しましたが、仮にその割り出した年収とあまりに乖離している場合(その年収があまりに高すぎる場合)は提出を求められる場合があります。

 

予想した年収よりあまりに高い場合は、「年収の虚偽申告」もしくは、年収が正確であれば「高収入でも払えない程の借入がある」と考えられ、どちらにしても審査が有利に進む可能性は少ないでしょう。

 

偽造した収入確認書類を提出した場合、最悪詐欺罪で刑事罰を受けることも

収入確認書類を偽造して申込をすると詐欺罪に問われる可能性があります。アリバイ会社を利用し、収入確認書類の偽造と、在籍確認時の電話連絡をアリバイ会社で代替してもらうことが可能です。実際そのような方法で申込をする人がいるのも事実です。

 

万が一この方法で申込し融資を引きだせたとしても、不自然な場合には利用停止、もしくは強制解約をされる可能性があります。アリバイ会社の不正利用がばれた場合はブラックリストへの登録、融資金の不正引き出しを理由に詐欺罪に問われる可能性も十分にあります。

 

融資を申込むのであれば、正確な申告を必ず行い、不正は絶対にしないようにしましょう。

 

銀行カードローンは総量規制対象外のため、収入確認書類不要でも借りられる?

銀行は銀行法という法律の下営業しているので、貸金業法の規制を受けません。つまり貸金業法の総量規制の影響を受けることはありません。

 

総量規制が無いため、ほとんどの銀行カードローンは収入確認書類の提出が不要でカードローンを組むことが可能です。(提出を求められる商品もあります)

 

また、総量規制が無いため、年収の3分の1以上の利用限度額の申込も可能です。収入が250万円の人でも、利用限度額100万円のカードローンを組むことが可能なのです。総量規制対象外なので、貸金業者での借入する場合、借入総額に銀行カードローンを含めることもありません。

 

もし収入確認書類の提出が面倒であれば、銀行カードローンの申込を検討することをおすすめします。ただし、銀行カードローンは融資までに時間がかかるので、至急お金を借りたい場合は今から紹介する消費者金融への申込を検討してみて下さい。

 

おすすめのカードローンは?即日融資も可能

消費者金融で収入確認書類の提出が不要な消費者金融を紹介します!

 

即日融資なら、絶対に収入確認書類の提出不要を選ぶべき

収入確認書類の提出を求められるという事は、つまり収入確認の審査があるという事です。収入確認の審査があるため、審査時間が追加され、至急お金を借りるにはデメリットとなってしまいます。

 

収入確認の審査をパスするためには、必ず

  1. 利用限度額を50万円未満にすることと
  2. 他の貸金業者からの借入総額を100万円以下にする

ということに気を付けて申込をして下さい。

 

審査が不安な人は「アコム」がおすすめ

実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

アコムは日本最大の消費者金融です。また三菱UFJフィナンシャルグループなので、消費者金融での借入が不安・・という方にもおすすめできる金融業者です。

 

審査も最短30分、融資も最短1時間と業界内でも迅速な対応をしてくれるので、すぐにお金を借りたいという方にもおすすめできる貸金業者と言えるでしょう。

 

アコムが収入確認書類の提出を求める場合
  • アコムのご利用限度額が50万円を超える場合
  • アコムのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
  • 既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

 

 

最短審査、即日融資を希望するなら「プロミス」がおすすめ

実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

アコムと同様日本最大級の消費者金融で、プロミスは三井住友銀行系列です。

 

プロミスの強みは、WEB完結申込の審査対応が迅速だということです。WEB完結申込であれば、カードローンでありながらカードの発行が不要で、今まで融資までに時間がかかっていた「カードを受け取るまでの時間」が全くかかりません。

 

融資も指定の銀行口座に振込をしてくれるため、最短1時間で融資が完了します。至急お金を借りたい場合は、プロミスでの申込を検討してみて下さい。

 

プロミスが収入確認書類の提出を求める場合
  • プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
  • プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方
  • ご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上が経過した方

 

 

職場への電話連絡が嫌な人は「アイフル」がおすすめ

実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間

 

最短融資をしてほしい場合、時間がかかるのが審査と「在籍確認」です。審査申込をすると、基本的には職場へ在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認が完了しなければ全ての手続きが終わらず、融資まで時間がかかってしまいます。

 

そんな在籍確認がもしなければ、審査時間が大幅にカットされ、最短での融資が可能となります。

 

アイフルでは原則在籍確認が必要ですが、健康保険証などの提出で在籍確認の電話をパスすることが可能です。もし在籍確認の電話をしてほしくない、すぐにお金を貸してほしいという場合は、柔軟に対応してくれるので、アイフルに問い合わせしてみることをおすすめします。

 

なお、成約率も45%程度を推移しており、アコムに次いで成約率が高く、他社審査が落ちてしまった場合でも、こちらの申込を検討してみることをおすすめします。
※アコムマンスリーレポート(https://www.acom.co.jp/corp/ir/library/monthly_report/)

 

アイフルが収入確認書類の提出を求める場合
  • アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借り入れの合計額が100万円を超える場合
  • 前回収入証明書をご提出いただいて3年以上経過している場合

 

 

少額で良いから今すぐ借りたい!そんな人は「レイクALSA」がおすすめ

実質年利 4.5%~18.0%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短15秒
融資まで 最短1時間

 

業界内でも最速で審査結果が出るのが、レイクALSAです。WEBで融資申込をした時点で、即可決する場合も多く、最短15秒で審査結果が分かります。またカードレスでの借入が可能で、カード発行の手間もかからず最短での融資が可能です。

 

レイクALSAは新生銀行系の消費者金融なので、消費者金融での借入が不安という方にも安心して申込できるのではないでしょうか。

 

レイクALSAが収入確認書類の提出を求める場合
  • レイクASLAのご利用限度額が50万円を超える場合
  • レイクASLAのご利用限度額と他の貸金業者からのお借り入れの合計額が100万円を超える場合
  • 既にご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上経過している場合

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。収入確認書類の提出を求められる場合が分かったら、書類を用意する手間もかからないし、審査時間も大幅にカットされるため、今すぐにお金を借りたい!という場合には、紹介した利用限度額以内で、上記消費者金融への申込をおすすめします。

 

もし借入までに時間的な余裕があるのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンを申込しておくのも良いでしょう。ご自身の要望に合った金融機関を利用して下さい。